ブリーダーの現状とは?

ブリーダーの仕事内容、収入事情などは、なかなか詳しく知ることは難しいものでしょう。

 

それは、ペット業界の特有の商習慣、限定的な取引環境がその理由となっています。

 

気になるブリーダーの現状とは?

法的な規制で、二極化の道へ

一時期は、ブリーダー、ペット業界と言えば毎日のようにニュース番組で取り上げられ、そのずさんな内情が話題になったものです。

 

ですが、その後の法改正や社会全体の動物愛護活動に押される形で、最近では徐々に問題のあるブリーダーは廃業に向かい、業界全体が改善に向けて取り組みつつあります。

 

ですが、まだまだ劣悪な環境で多くの犬を飼育する、繁殖の出来なくなった犬を山奥へ廃棄する、大量の保健所へ持ち込むなどのブリーダーが居ないわけではありません。

 

衛生的な環境で、法令を遵守し、犬猫の繁殖を行う優秀なブリーダーと、昔ながらの方法で繁殖を続ける悪徳と言われるブリーダーが現状は共存している状態です。

 

悪徳ブリーダー根絶の取り組みも

最近では、ペットの販売において、販売業者側にも責任が課せられるようになりました。

 

劣悪なブリーダーから仕入れを行い、健康状態に問題のある子犬、子猫を販売することは、法的な罰則はもちろんのこと、インターネットによる情報の拡散で場合によっては自身の会社が倒産の危機を迎えかねないのです。

 

ですから、販売者であるペットショップは、取引相手となるブリーダーを厳しく選定するようになりました。

 

動物取扱業を正式に取得しているか、母犬の健康管理が出来ているか、犬舎の衛生環境に問題がないかなどです。

 

問題のあるブリーダーは、取引契約を結ぶことが出来ないので、犬舎の状況を改善するかもしくは廃業のいずれかの選択を迫られることになってゆきます。

 

これから、ブリーダーとして開業するにあたっては、何より「善意あるブリーダー」である事が求められます。

 

ペットの販売業者側がぜひ取引をと申し出るほどに、優れた血統の子犬、子猫を衛生的な環境の元、繁殖させる事が求められています。