ブリーダーの役割とは?

犬を飼いたいと思った時、日本ではまずペットショップへ足を運ぶでしょう。

 

店頭に並ぶ子犬をみて、家族で相談しながらどの子犬にするか考えるものです。

 

もし、日本にブリーダーという仕事がなかったら、どこから子犬や子猫を入手すればいいのでしょうか?

 

ブリーダーという仕事には賛否両論ありますが、ブリーダーという仕事自体が悪なのではなく、一部の悪徳ブリーダーの行いが悪なのだと言う事をしっかり区別しておきたいものです。

 

ブリーダーの果たすべき役割とは?

日本でこれほどまでにペット業界が成長し、ブリーダーの数が急増した背景には、日本の住宅事情も関係していると言われています。

 

日本には、マンションもあれば、戸建てもある、犬を室内で飼う家庭もあれば、番犬として外につなぎたい場合もある。

 

それぞれが自分のライフスタイルにあった犬を飼いたいと思っています。

 

例えば、住宅事情から小型犬でなければ飼えない、車が無いのでキャリーバックに入れ移動できるような小さな犬でないと飼えないなどの理由もあるでしょう。

 

だからこそ、将来の大きさが或る程度想定できる血統証付きの犬を飼い求めるのです。

 

血統証の無いミックス犬の場合、小型犬だと思っていたら、中型になってしまった。

 

住宅の管理規約に違反しているものの、手放すわけにもいかないといったトラブルが起こりかねないのです。

 

だからこそ、ブリーダーが求められるのです。

 

犬にはそれぞれ血統証認定をする際の基準となるサイズがあります。

 

そのサイズの範疇に収める為には、先祖代々からの血統を管理しなくてはなりません。

 

その役割がブリーダーの重要な役割なのです。

 

ブリーダーの名前を冠して、血統証を持ち売買されるという事は、健康である事、本来の血統を遵守している事の保証になるべきなのです。

 

今まで、子犬、子猫の販売に際して、ブリーダーの名前を開示することは皆無でした。

 

でも、これからは堂々と名前を開示して、いかに優秀な血統であるかを自慢できるような繁殖が期待されているのです。