ブリーダーの1日のスケジュールは?

ブリーダーという仕事に1日のスケジュールを追ってみましょう。

 

家業として開業されていることが多いので、なかなか一般的な生活とはことなります。

 

まずは散歩に…

心身ともに健康に保つためには、適度な運動は必須条件です。

 

朝は、まず散歩からはじまります。

 

犬舎近くに運動場がある場合でも、気分転換の為に定期的に敷地外への散歩も行いましょう。

 

日中は気温が上がってしまうので、早朝からスタートし気温が上がる前に運動や散歩は完了させましょう。

 

運動のあとは、食事を…

それぞれの運動が終わった後で食事をさせます。

 

妊娠中、授乳中は通常の時よりも高カロリーな食事が必要となります。

 

アレルギーのある場合や肥満の場合なども含め、健康状態にあった食事を用意しましょう。

 

食後は清掃です

食後はトイレのタイミングです。

 

トイレシーツを使う、屋外でトイレをさせるなどそれぞれトイレを済ませましょう。

 

健康管理の為には病気を早期発見できるように、便の状態もチェックし、チェック表に記入するとよいでしょう。

 

このタイミングで犬舎の清掃、換気も済ませ常に清潔な状態を保てるようにしておきましょう。

 

これらの一連の作業を頭数にもよりますが、午前中にすべて終えるようにスケジュールを建てましょう。

 

日中は、天気の良い日には出来る限り運動場に出すなどの工夫をし、日光を浴びることが出来るようにしてあげましょう。

 

夕方の散歩でスタートします

午後は朝と同様に散歩からスタートし、食事、トイレ、清掃と続きます。

 

目安では夜7時くらいまでにすべての作業を完了するように考えておきましょう。

 

一見、時間に余裕のある生活のようにも思えますが、このほかに日中は犬舎で使用したタオルなどの洗濯や、ドッグフードや消耗品の買い出し、犬猫のシャンプーなどを行います。

 

子犬の販売がある日は、市場へ出向いたり取引先との交渉なども生じます。

 

雨の日は、運動や清掃が思うようにはかどらず、翌日にまとめて作業を行うようになるので、雨の降った翌日は忙しくなるでしょう。