ブリーダーの仕事内容は?記事一覧

ブリーダーの仕事というものは、とても閉鎖的で情報が開示される事は少ない分野です。中には、餌の配合や飼育環境、親犬の顔さえも企業秘密扱いとしているブリーダーもいるほどです。気になるブリーダーの仕事内容は?ブリーダーの仕事は、犬猫の繁殖時期を把握、管理し、計画的な組み合わせで繁殖を行う事。生まれた後は、無事に離乳期を迎えられるように、健康管理を行いつつ、母犬の体調回復の為のフォローも欠かせません。生ま...

ブリーダーとして開業するにあたり、どのような基礎勉強をしておくとよいのでしょうか?繁殖に関する知識以外にも、ブリーダーには必須となる知識があります。病気に関する知識ブリーダーとして仕事をするうえで、親犬の健康管理は必須課題です。病気の中には遺伝するもの、伝染性のあるものも多数あります。もし病気を見逃し、繁殖をしてしまった場合、生まれた子犬、子猫はさらにその子孫へと病気を伝えてしまうのです。病気の兆...

犬を飼いたいと思った時、日本ではまずペットショップへ足を運ぶでしょう。店頭に並ぶ子犬をみて、家族で相談しながらどの子犬にするか考えるものです。もし、日本にブリーダーという仕事がなかったら、どこから子犬や子猫を入手すればいいのでしょうか?ブリーダーという仕事には賛否両論ありますが、ブリーダーという仕事自体が悪なのではなく、一部の悪徳ブリーダーの行いが悪なのだと言う事をしっかり区別しておきたいものです...

ブリーダーという仕事は、数あるペット関連の仕事の中でもっとも体力を必要とする仕事だと言われています。ですから、一番の適性は体力に自信があるという事でしょう。毎日、犬の散歩に行く、頭数が多くなればそれだけ時間も手間もかかるので、途中で投げ出さずに続けるだけの強い信念も必要です。世話好きで、真面目な性格性格面での適性は、何より世話好きな事でしょう。多くの犬猫の世話を毎日するのですから、単に「好き」とい...

ブリーダーの仕事というのは、どのようなやりがいがあるのでしょうか?設備投資をし、犬猫を買い集め、仕事として何十年も継続してゆくためには、どのような世界なのかを知っておくと、今後の目標を立てやすいでしょう。日本特有の品種ブリーダーという仕事は、とても緻密で繊細な仕事だとも言われています。毎日共に暮らすブリーダーだからこそ、その犬の優れた点を見出す事ができ、交配する際の理想の組み合わせを考えることが出...

ブリーダーの仕事は、子犬、子猫を繁殖させペットショップに販売するだけではありません。ブリーダーという専門知識と豊富な経験を持っているからこそできる仕事があるのです。種の保存最近は、犬はますます小型化させる傾向があり、以前よりも血統書の価値も重視されない傾向にあります。丸顔で童顔、体はより小さくという事が、日本人には好まれ、取引において高値が付くからです。ですが、犬にも、猫にも本来その品種が持つ特性...

ブリーダーという仕事に1日のスケジュールを追ってみましょう。家業として開業されていることが多いので、なかなか一般的な生活とはことなります。まずは散歩に…心身ともに健康に保つためには、適度な運動は必須条件です。朝は、まず散歩からはじまります。犬舎近くに運動場がある場合でも、気分転換の為に定期的に敷地外への散歩も行いましょう。日中は気温が上がってしまうので、早朝からスタートし気温が上がる前に運動や散歩...

開業にあたって、不安ばかりが募ってしまいがちですが、ブリーダーの仕事にはもちろんたくさんの感動や楽しい面もあります。その一部をご紹介させていただきましょう。東京都のシェルティ専門のブリーダーの場合東京都でシェルティ専門にブリーダー業を営んでいる方がいます。もう開業されてから30年以上経つ老舗のブリーダーです。その犬舎で生まれたシェルティは、被毛がとても豊富で豪華な雰囲気があり、顔立ちもよいと誰もが...

ブリーダーになりたい、仕事として犬猫の繁殖に携わりたい、優秀な血統を残してゆきたいと様々な想いがある事でしょう。ブリーダーの仕事の多くは、自宅を改装し犬舎となる敷地を確保し、運営は家族で行われる為、なかなか外部にはその内情が伝わりにくいものです。ですが、仕事として開業するにあたり、大変な面、事前に考えておかなければなれないことももちろんあります。生き物の世話に休みがない事なんといっても一番大変な事...