「ペット繁殖指導員」とは?

ブリーダーとして開業するにあたり、専門的な知識を習得したい、自身も持っている知識や経験を証明できる方法が欲しいということから、繁殖関する資格を取得しておきたいと考える事でしょう。

 

ここでは、一般社団法人日本ペット技能検定協会の認定資格である「ペット繁殖指導員」についてご紹介させていただきます。

 

資格の概要

認定団体

一般社団法人日本ペット技能検定協会(1996年設立)

 

受験要鋼

協会指定のカリキュラムを修了している事。年齢制限や実務経験に関する条件はありません。

 

受験費用

12000円(※試験は筆記試験です。自宅で受験する事が可能です。)

 

学習方法

日本畜犬学会認定校カリキュラムを履修することで学習が可能です。このカリキュラムを終了していることが受験の条件となります。

 

通信講座の場合、ヒューマンアカデミーの「ブリーダー講座」「ペット ビジネス総合講座」「ペットビジネスマイスター講座」が認定講座です。

 

所定のカリキュラムの受講は、通学制、通信講座とあるので、自身の都合に合わせて学習方法を選択することが可能です。

 

ペットに関する仕事をするうえで、仕事の範囲を限定せずに、幅広く活躍することも、仕事として長く続けるうえでポイントです。

 

ブリーダーの仕事と合わせて、トリマーやトレーナー、ペットシッターなど比較的時間に融通のきく仕事を手掛けてみてもいいでしょう。

 

また、ブリーダーとして仕事をするうえで、健康管理は何より大切です。

 

そのためには、動物看護師の資格を取得し、病気の早期発見、早期対応に役立ててもよいでしょう。

 

ブリーダーの仕事は、自治体で動物取扱業の許可を得ることで開業可能ですが、仕事をするうえで、名刺を作成したり、自己紹介をすることもあります。

 

その時に、自身の知識や経験、得意分野を伝える方法の1つとして、関連する資格を取得しておくということも考えておきましょう。