ブリーダーとして独立開業するには?

ブリーダーという仕事で独立開業をするにはどうしたらいいのでしょうか?

 

開業届を取得しましょう

まず、開業地域の自治体に、動物取扱業の申請を出し、「販売」における開業許可を取得しましょう。

 

販売ルートの確保をしましょう

次に、インターネットや交流のあるブリーダーを通じて犬猫の売買市場への登録を済ませましょう。

 

自身が繁殖した子犬、子猫を販売するために販売ルートの確保は必須条件です。

 

まずは、市場を活用し、多くのペット関係業者への販売を行い、お互いに面識を築いてゆきましょう。

 

ますは、数頭のメスのみでスタートするとよいでしょう

開業当初は相当出費がかさんでしまうので、まずは最低限の頭数でスタートしましょう。

 

メス犬のみを飼育し、オスは飼育せずに外部へ有料で交配を依頼します。

 

また、メス犬に関しては、ペットショップで購入の場合、子犬が大人になるまでの期間が数年あり、収入に結び付かないので、交流のあるブリーダーから譲り受ける形がよいでしょう。

 

血統がよく、健康状態、気質もよいメスともなるとそれなりの金額になるでしょうから、予算面で無理のない範囲で、購入頭数を考えましょう。

 

開業にあたったありがちな失敗は?

一番ありがちな失敗は、むやみに飼育頭数を増やしてしまうことです。

 

動物愛護法では、犬1頭あたりに必要な飼育環境の広さも定められています。

 

むやみに頭数を増やすことで、違法行為と認定されてしまう可能性もあります。

 

また、犬同士の相性もありオスメスのペアで飼育始めたものの相性が悪く、喧嘩ばかりということも。

 

血統が良いからと高値でメスを購入したものの、まるで出産をしない事もあります。

 

ですが、犬舎で使用する備品消耗品、餌代は日々かさむのですから、開業にあたっては、とにかく控えめに、抑えながらのスタートを考えるようにしましょう。

 

手探りながらも、自身の犬舎の独自の手法を見つけ出しながら、徐々に頭数を増やし仕事の量を増やすことが大切です。