ブリーダーになるには?記事一覧

日本ではブリーダーとして開業するにあたり、特定の資格を必要としていないので、自治体への開業届が受理され次第、開業が可能です。自治体の混雑状況にもよりますが、早ければ数日で申請が受理され、開業が可能でしょう。繁殖経験のある犬猫でスタートする方法も最短での開業を目指すのであれば、すでに開業をしているブリーダーから、繁殖経験のある犬猫を譲りうけるという方法があります。繁殖経験がある事で、ある程度年齢が上...

ブリーダーとして開業するにあたり、今後の収入の見通しが明確でない以上は、出来る限り初期投資が抑えておきたい事でしょう。自治体の開業前検査には通る範囲内で、なんとか格安に開業する方法はないのでしょうか?中古品を活用できる場合自治体での飼育環境の取り決め事項は、概ね広さや照明、換気などに関する内容です。ですから、ケージやサークル、キャリーケースなどは格安の中古品を活用しましょう。中古品は個人での売買も...

ブリーダーという仕事で独立開業をするにはどうしたらいいのでしょうか?開業届を取得しましょうまず、開業地域の自治体に、動物取扱業の申請を出し、「販売」における開業許可を取得しましょう。販売ルートの確保をしましょう次に、インターネットや交流のあるブリーダーを通じて犬猫の売買市場への登録を済ませましょう。自身が繁殖した子犬、子猫を販売するために販売ルートの確保は必須条件です。まずは、市場を活用し、多くの...

ブリーダーという仕事は、犬猫の出産時期、出産頭数の予測が難しいので、収入が不安定になりがちです。であれば、副業、兼業という方法で仕事にすることも可能な仕事なのでしょうか?同業界なら兼業もペット業界内で兼業という形でブリーダーをしている方も非常に多くみられます。ペットが好き、犬が好き、猫が好きと突き詰めてゆく中で、トリミングやしつけにも関心が出て、その道を極めるものなのでしょう。同業界ないなら、業界...

ブリーダーといえば、犬が代表格でしょう。犬のブリーダーといっても仕事のスタイルはさまざまで、下記がその一例です。・優秀な血統を追い求め、ドッグショーや競技会で活躍する事を目指す・時には、海外から優秀な血統をもつ犬種を輸入し繁殖する・警察犬などの特殊能力を持つ犬に限定し繁殖する・独自のこだわりを持ち、単一犬種に限定して繁殖する・インターネットなどを活用し、ブリーダー直販で販売を行う・ペットショップか...

猫は、発情繁殖です。妊娠中以外は、いつ発情期が起こっても不思議ではないという体質で、場合によっては1年に2度も出産することもあります。猫のブリーダーの多くは、猫の多産型の性質に着目し、ビジネス化を考えるようですが、実は猫だからこその苦労もあるという事を知っておきましょう。開業にあたっては届け出が必要猫のブリーダーを開業する場合も、自治体への届け出が必要となります。特に飼育環境に関しては厳しい取り決...

小動物のブリーダーになる場合、自治体への開業届は必要ありませんので、自身で飼育環境が整い次第スタートすることが可能です。血統証化したうさぎ市場かわいらしく、飼いやすいということから、人気のペットとなっているうさぎ。中には数万円の高値で取引されるものも最近では珍しくありません。うさぎのブリーダーという仕事で開業するためには、まずは、うさぎについてしっかりと知っておく必要があるでしょう。都内や横浜には...

一時は、自宅でペットとして飼い始めた犬を交配させたり、多頭飼いをし、出産させ、生まれた子犬をペットショップへ販売をするという「副業ブリーダー」「素人ブリーダー」というスタイルがありました。ペットショップも「ご家庭で生まれた子犬、子猫買い取ります」という宣伝を大々的に行い、「副業ブリーダー」「素人ブリーダー」からの仕入れの方が、プロのブリーダーよりも安価に仕入れることができると、家庭での繁殖を推奨し...